おならの原因その1


おなら・ガスのほとんどは、口からはいった「空気」といわれています。
もちろん呼吸をしただけで、おなかにたまるわけではありませが

  そんなことをいってたら、あっちこっちで大変なことになりますね


それではどんな時に、人は空気をのみこんでしまうのか?
 
食事や唾液を飲み込むときに空気も一緒に飲み込んでしまうのですが
その空気がおなら・ガスの大半をしめています(70%〜90%)


  細かくいいますと、ガムなども空気を飲み込んでしまいますし 
  早食いなども上記の理由でよくないようです


ちなみに私は、と〜っても早食いです


それでは、残りのおなら・ガス(10%〜30%)は何か?といいますと
腸内で食べ物を分解するときに発生するものです


これには2つ種類があります(発酵型・腐敗型)

1 発酵型

食べ物の成分が腸内で発酵しているガス
炭水化物・・・主成分は炭酸ガスやメタン

2 腐敗型

腸内で消化しきれなかったタンパク質が腐敗してでるガス
肉類などのタンパク質をたくさん含むもの


3 おならの成分

窒素、水素、二酸化炭素、メタン、アセトン、酸素、硫化水素
 アンモニア、アミン、インドール、スカトールなど四百種類
 (成分には個人差があります)


実は、このおなら・ガスには臭いおなら・ガスと

あまり臭わない おなら・ガスがあるんですが、次の回でお話します



続きをみる・・・




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51458880

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。