おならの原因その2


前回の続きですが、おなら・ガスには臭いものとあまりニオイのない
ものとがあります..


◇無臭のおなら・ガス

ほとんどが炭水化物を食べた時に起こるもので、主成分は炭酸ガスや

メタンなどです


野菜に含まれている繊維質は人の胃腸では消化できませんので、
大腸で分解されメタンガスや炭酸ガスを発生しますが、音のわりには
ニオイがほとんどありません。


◇臭いおなら・ガス

肉などのタンパク質を摂り過ぎたりしたとき消化不良で吸収されないまま
大腸まで送られタンパク質が分解するときに


  「インドール、スカトール、硫化水素」などが発生


このガスは少しの量でもとても強いニオイがします

この他、胃腸が弱っても 「おなら・ガス」はくさくなります


結構、複雑なんですね 

 
 参考までに
 草食動物は、おなら・ガスの量は多くても臭くありませんが
 肉食動物のおなら・ガスは少ない量でもニオイが臭いんです


人間は雑食ですから一概にはいえませんが、肉類中心の方と

野菜中心の方ではおなら・ガスの量とニオイなども人それぞれ

ということになりますね



実はこの「おなら・ガス」の原因としてもう一つ大事なものがあるんです
次回お伝えしたいと思います




続きをみる・・・




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51459103

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。